トンガにトンダ

青年海外協力隊・日本語教師で トンガに派遣されていました。     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを始めようと思ったきっかけは、
念願だった『青年海外協力隊』にようやく受かったからです。
実はこの合格通知を受け取ったのは8月だったので、過去をさかのぼって書いています。


大学を卒業してしまってからはや2年。挑戦すること3回目。
(長かった… 本当に長かった…)
2度の『登録』を経験しての合格でした。※登録=補欠合格です。

『登録』というもしかしたら繰り上げ合格になるのかもしれない、
という微妙な立場からスパッと諦めて一般会社に就職する気にもなれず、
私は日本語教師がしたいんだという思いはあるものの、あまりの協力隊参加への思いが強く、半端な気持ちで日本語学校で働くこともできず、この2年間、かなり悩みました。
というのも。「半年でやっぱり辞めさせていただきますー」なんて軽はずみでは年間スケジュールで動く教育現場ではおかしな事だと思うのです。途中で担任の先生がいなくなるなんて誰だってイヤですよね。

でも、諦めないで自分の信念を貫けば、想いは通じるんですね。

合格通知
やっとの思いで手にした合格通知。 感無量です。


行先も希望通りの「トンガ」☆ (なぜトンガかはまた後ほど書くことにします。) 

私は以前から海外で、異文化理解や自文化理解に語学教育は役立つハズ!と思い、そんな日本語教育がしたいと思ってきました。

もちろん、日本の大学を目指す学生たちにバンバカ教科書を進めることも必要でしょう。
(そうでもしなければやはり合格は難しいでしょうし)
でも、私は言語教育を通じて子供達が広い世界を知り、自分の文化を見直すきっかけにして欲しいと思うのです。そんな日本語教育があってもいいと思うのです。
それが実行できるのが協力隊でした。

合格を手にしたといってもまだ候補生の段階。
体調を整え、研修を受け、自信を持って出発できるようにしたいと思っています。

これからのスケジュールは
12月に日本語教師の研修があり。
1月から2か月弱の合宿研修、
3月に出発              といった予定です。  

まだまだ右も左もわかりませんが、楽しんでステップアップに臨みたいと思っています☆
(そぅ、協力隊合格はマラソンのスタートラインに立てた、
というだけの話。。。)

スポンサーサイト
私はちょっと前の7月、まだ梅雨が明けない頃から
アメリカ人高校生を集めた日本語研修に関わりました。

じつは中国に行く前年も(一昨年)も手伝いました。

日本語研修と言っても、よく日本の中高生がアメリカやオーストラリアへ2・3週間行くのと同じようなプログラムです。
みんな、インターネットを通じてこういったプログラムを知り、アメリカ全土から応募してきます。
中には何度か日本に来たことがある子もいましたが、ほとんどが憧れの日本にやっと来れたと、もぅはしゃぎまくりです。

みんなネット社会の子供たちなので、日本のアニメだけでなくて
ドラマや歌手のこともネットで見ていて、本当によく知っています。 


06年の時の様子はあまり写真がないんですね。。。
というのは、私がものすごく忙しくて写真を撮ることなんてすっかり忘れてました(゜_゜>)
06年の全員集合

お好み焼きパーチー



ここからは08年の様子です。
08年の全員集合ー
08年は全員で生徒は45人!! 
クラスはレベル別に4クラス作り、先生たちもたくさんの方にお願いしました。
私は今回はお世話係に徹し、まとまったかは不明ですが、みんなのまとめ役でした。


午前中の3時間、9時から12時までは日本語のお勉強
午後の3.4時間は外へ観光に行ったり、色々な体験をしたり します。

ベターな浅草
午後の観光では、様々な所へ出かけ、東京の主要観光地には全て行ったのではないでしょうか!
ちなみに、みんなの一番のお気に入りはお台場にある「大江戸温泉」だったようです。
あ、もちろん、(言うまでもなく!)秋葉原もね。。。大好きですよ。新宿も。。。原宿も。。。


授業中
残念ながら、私の授業姿ではありませんが、
こーんな感じで授業があります。
一番上のクラスでは最後の発表会で「桃太郎」の劇をしました☆
みんなアドリブまで入れちゃって、大盛り上がりでしたー!


もちろん、レベルは様々で、まったくひらがなを知らない子から自分の高校で勉強している子までいます。それでもみんながどれだけ日本が好きなのか、よくわかります。
観光ばかりに気持ちが行きがちですが、それでも、午前中に覚えたフレーズを午後実際に使ってみるというのはとてもいいチャンスですし、彼らも楽しいのだと思います。

わかりますよね~?憧れの国で親から離れて気の合う友達がいて、
楽しくないわけないですよー

私自身、まとめ役というのはとても大変でしたが、楽しいこともたくさんあり、
色々勉強させてもらえたプログラムでした☆






私が過去にどんな所で教えたかをちょっと紹介したいと思います。
(と言うのは、アウトプットする場所が今までなかっただけ~)

まずは 中国・大連 です。
ここは職業高校、 日本で言ったら、工業・商業高校といったところでしょうか。

2007年に半年間だけ行っていました。
大連の中心街


授業中
この時は2学年が同じ教室に入ってるのでわんさかいますが・・・
この木の机と椅子! 懐かしいですよねー
そしてこの机の中のグチャグチャ具合 (;一_一) どこの学生も同じです 笑

カラの教室~
隣の教室へ移動中なので誰もいません。。。
中国ではちょっと驚くようなこともありましたが、今ではもぅ驚かないでしょう。

たとえば。 昼間は電気は消しっぱなし。夕方、黒板が見えなくなってきたら付けます。
でも半分つけばいいほうなんです…



市場

最後に市場を。
中国はフルーツがとても豊富で、青空市場でも路上でも(…同じか。。。)
たくさん売っています。

中国、なかなか面白かったですよ。大連は日本の企業がたくさん進出しているので、
日本人も多いですし、中国の他の地域に比べると親日感情はとてもいいと思います。

日本企業で働くために、みんな一生懸命日本語の勉強をしています。

⇒続きを読む

前回のつづき。 日本語教師って?

よく 「私日本語教師をしてます。」 ってゆーと。
「へ~ 英語ペラペラなんだー」と言われますが。


みなさーん、 違いますよー
もちろん、外国語が堪能な方はたくさんいらっしゃいますが、
それは外国で教えてらっしゃる先生方です。

そして、教え方にも2通りありまして、
①日本語で教える
  ⇒全てを日本語で教えます。
   日本の国内ではほとんどがこの方法です。
   だから教師は日本語で日本語を教えます!

②現地の言葉で教える。
 ⇒文法の説明など、重要な所は現地の言葉で教えます。
  海外ではこちらが多いです。
 
 海外では日本人教師は『ネイティブ』になるので、
 日本語で教えて欲しいということになる場合が多いのですが、
 それでもやっぱり現地の言葉がわかった方が授業のコントロールはしやすいのです。
     ???なぜって???
 それは。教室内の生徒がみんな同じ国の人だからです!



前回、世界でたくさんの人たちが日本語を学んでいると書きましたが、
じゃぁ実際に、どんな国の人が多いと思いますか?

みなさん、外国人=金髪・青い目 なんて思ってらっしゃるのではー
(ダメですよ。今どき そんなんじゃっ)

答え
1位 中国
2位 韓国
3位 オーストラリア   (by 国際交流基金)

ね? これで分かっていただけますか?
日本語教師=英語ペラペラ で ないことがっ!
しかも上位の中国韓国だけでかなりのダントツ!!!
何割かは忘れてしまいましたが。。。 7~8割になるんじゃなっかたかと思います。



まぁーとにかくですね、日本語教師はみんながみんな英語がペラペラって訳じゃぁないんですね!
わかっていただけたかしら?

⇒続きを読む

みなんさんが、
はて。あの子はいったい何をやってらっしゃるのかしら?

と不思議がってきておりますので、
私が過去にどんなことをやってきたのかをご紹介いたしましょうぞ。
(大したことはございませんが…)

私は日本語教師 という仕事を職業に選びまして、教師として、うろうろしております。

まず、今回は日本語教師って? というテーマで参ります!

日本語教師とは、
外国人(日本語を母語としない人)に日本語(言語としての日本語)を教える教師です。
なので、国語の先生とはちょっと違います。

今、日本語学習者は世界にどのくらいいると思いますか?
以外に結構いるんですよ。

Wiki にこんなことが載っていたので興味のある方は飛んで行って見てください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%95%99%E8%82%B2

国内でも大学入学を目指している学習者や
結婚などで日本へ住んでいる方など、様々な人々が学んでいます。

そんな日本語学習を必要としている人たちに日本語を教えるのが日本語教師の仕事です。
仕事場は世界中にあり、実際に多くの地域で日本人教師が(母語話者として)教壇に立たれています。

私はま~だまだまだ教師としては駆け出しで、駈け出してもいないのではないか。。。
なくらいですが、多くの先輩先生を目指して、頑張っているところです。
このあいだ 『崖の下のぽにょ』を見に行ってきました。

’ぽにょ’てゆー名前がいいですよねぇー
私もちなみに’ぽにょ’だゎ~

残念ながらベネチア映画祭での金獅子賞は逃してしまったようですが、
日本の作品が世界で評価されているのを聞くのはうれしいですよね。

映画や日本の作品からは日本人は気が付いていないかもしれませんが、
結構日本の文化や独特なことが自然に出てきているんですね。
たとえば、’ぽにょ’では大漁旗が出てきたり、
ラーメンだって最近はB級グルメとして外国人が大好きな日本食に挙げてますし。

日本語教師の私としてはジブリ作品は日本の紹介をしたり、
学生に興味を持ってもらう手段としてとても有意義に活用できるので、愛用しています。
(最近は本当にアニメから日本語が好きって子がた~くさんいますからね!)

ちょっと一風変わった目線からのぽにょ報告でしたー☆
特に大きなきっかけがあったワケではないけれども。
今日から心機一転。

と言っても進展があるのはまだまだ先のお話。
なので、
日常のことから反日常のことまで、幅広~くUPしていきたいと思います。

どぅぞ。よろしく☆

Maiko in Tonga

Author:Maiko in Tonga
南太平洋ポリネシアに位置する
トンガ王国へ協力隊の日本語教師として2009年3月から2011年3月の長期派遣、2011年9月から2011年12月の短期派遣されていました。

これからトンガに行かれる方、トンガに興味を持たれている方へ
少しは参考になるかと思い、記録を少しではありますが、残しました。

ご参考になれば幸いです。



presented by 地球の名言

* アヤロビクスで世界制覇!!
-21-4次隊JV エアロビクス隊員

* puakaのfakapikopiko日記
-21-4次隊JV 村落開発普及員(防災教育)隊員

* もうタロイモなんか食べたくない!!
-22-1次隊JV ババウ島・ババウ高校        日本語教師隊員

* TONGAroll
-22-1時隊JV エウア島・エウア高校 日本語教師隊員

*しいたけズ!
-23-2次隊JV PC隊員

*トンガのひよっこ獣医日記
-23-2次隊JV 獣医隊員

*taroimoko日記
-23-2次隊JV そろばん隊員

*liosiのvesitapolo日記
-23-2次隊JV ババウ島 野菜隊員

* Les voyages forment ka jeunesse
-セネガル・看護師隊員のブログ

* ゆっすぅの煌く日々
-セネガル・村落開発隊員のブログ

* BENIN DE SKI
-ベナン・プログラムオフィサー のブログ

* し~け~
-ニジェール・感染症対策隊員のブログ

* ジャマイカ情報局(仮)
-ジャマイカ・木工隊員のブログ

* Hola,Ecuador! ~テニス隊員アジャミの日記~
-エクアドル・テニス隊員のブログ

* No Egypt, NoLife!
-エクアドル・ソーシャルワーカー隊員のブログ

* ☆秘露備忘録☆
-彩の国出身、ペルー・村落開発普及員のブログ

* ドミニカ共和国日記
-ドミニカ共和国・観光隊員ミキティーのブログ

* CLARAのドミニカンブログ
-ドミニカ共和国・観光隊員CLARAのブログ

* HANANのボヤッキー
-ドミニカ国・PC隊員のブログ

* before down
-トンガ・日本語教師隊員のブログ

*~トンガからのメッセージ~
-トンガ・養護教育(音楽療法)の活動機関のブログ

*'Ofa lahi atu eeeeeeee
-トンガ・養護教育(音楽療法)隊員の現在のブログ

* いいねトンガ気象局
-同期SVの方のブログ

* Ha'apai日記(ちゅんが)
-21-1次隊 ハアパイ島の船舶機器隊員

* ~BGMを聴きながら~
-21-2次隊JV バイオラ病院看護師隊員

* 山ネコの日記
-21-2次隊JV そろばん隊員

* 毎日malimali!@トンガ
-21-2次隊JV ババウ島の歯科衛生士隊員

* Just Go For It! ☆JOCV☆
-元キルギス・青少年隊員/私の親友のブログ

* Shukran
-我が家(日本)で飼ってるサルーキー犬のブログ

トンガのニュースが読めます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。