トンガにトンダ

青年海外協力隊・日本語教師で トンガに派遣されていました。     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研修内容もふかぁーいこともさながら、
参加した13人もとっても濃く、楽しい人生を歩んでらっしゃったので書いちゃいます☆

未だ日本社会は大学にスムーズに行って、3年生になったら勉強そっちのけで就職活動をして、内定もらったら残りの学生生活を謳歌して、サラリーマンになって永久雇用。。。

な~んてのが当たり前ですが、

その当たり前のレールから(いい意味で)外れた人たちは意外に多いんですね。
そしてそんな人たちはとっても輝いていますね。

途上国との比較とも同じですが、
物を持っていない方が、苦労している方がなぜか幸せそうな気がします。
(少なくとも私は。。。)
大きなスーパーなんてなくても、映画館なんてなくても、
み~んな素敵な笑顔を持っていて、いつでも誰にでも優しくてあったかい。

経済成長をした先進国と言われる国々では
家族はバラバラ、セカセカ前を急ぎ、疲れてへトヘト。
(な~んて言ってるが、日本では私もこんな生活してます。山手線、2分も待てばすぐに次が来るのに駆け込んじゃったりw)

なんでしょう?これは。
経済成長が全て良い、という訳ではなさそうですよね。
むしろ時代は変わってきたのかな。
ファーストフードに大してスローフードという言葉が生まれましたけど、
これってみんな昔はやってたじゃん! ←ですよね?
最後に返ってくるのは人間同士の付き合い、地球に住む生物としてのヒト。
と私は思うのですが。。。(大きすぎたかな…w)

なんだか話がズレてきちゃった…

協力隊は途上国で協力をする、のがもちろん第一目的ですが
もっと大切なのが日本の若者が成長する、ということです。

国内ではできない体験をさせてもらって
現地のコミュニティーで格闘することで様々なことを吸収できる、
これは大きな人生の勉強になると思います。

私は日本語を教えに行くので、対生徒になりますが、
きっと彼らからもたっくさんの事を学ぶことでしょう。

どぅやったらサル山のボスザルになれるのか、とかねw


みーんな海外経験も豊富な方たちなので一緒に話をしてても
楽しくて、教えられることばかりで、何度も「へ~!」を繰り返してました。
色んな寄り道が人生を豊かにしてる気がしました。

みんな、自分の殻から飛び出すのだ!
見えない物がきっと見えてくる。   私もいままさに飛び出そうとしているのですねー




⇒続きを読む

スポンサーサイト
あら! その2が書けちゃったゎ!
(やればできるのよねー)

今回は分科会でのことについて書こうと思います。

今回の研修では13人・(10カ国へ出国)の日本語教師が参加しました。
日本から東へ地球を回ってみまショー

中国(3人)、モンゴル、ベトナム、タイ(2人)、スリランカ、モルディブ、
シリア、セネガル、コスタリカ、そしてトンガ です。


みなさん、全ての国がどこにあるかわかりますかね。
(私も全て分かってたわけじゃないから、世界地図を出してみて!)

今回だけでもこれだけ多くの地域へ散らばるので、
まったく同じ日本語教育が行われる訳ではないことは分かりますよね。

さらに、学ぶ学習者も
1.中等教育(中学・高校生)
2.高等教育(大学生)
3.社会人    とこれまた様々です。

なので一つとして同じ環境はあり得ないのですね。


分科会はこれら様々な日本語教育現場にどう対応していくか
グループに分かれて学びました。

私が入ったのは中等教育のグループ。
私たちの分科会のテーマは「クラスコントロール」!!
生徒たちを、クラスをどうコントロールするか、ということです。

中学・高校で日本語を学んでいる生徒の中には
しかたなく(これしか選択するものがなかったとか)日本語を勉強している子がいたり、
集中力が短かったり、
大学生や社会人とは違った難しさがあります。

いかに彼らを引き込む魅力ある授業をしていくか、
教師のテクニックが試される教室が高校では待っています。

分科会で教えてくださった先生はさっすが!
中等教育での経験が長いので対応の仕方はとても参考になりました。

たとえば、ガムや飲みのを飲んでいる学生からどぅ取り上げるか、
騒いで授業を妨害する生徒にどう対応するか、

んー。どれをとっても参考になりました。

生徒たちと向き合うことは日本語を教える以前のこと。
人間と人間の付き合いです。

大変だけれども、そういう意味できっと楽しい活動ができるんじゃないかと思います!
私はこういった人間的な活動がしたいんですからw


よっし。!書くぞっ と気合を入れないと報告もかけなかったりするほど
7日間連続出勤は疲れますねー。(そしてその後の脱力感…)

という訳で始まる前は毎日書くぞー!なんてやる気満々でしたが、
終わってみたらば今回の1回で記事が終わってしまいそう・・・

あ。もちろん内容は充実してたし、ものすごく勉強になったんですよ。

日本語教師の技術研修は広尾のJICA地球ひろばで7日間行われます。
(他の業種もやっているようですが、詳しくはわかりません。。。)

研修の初めに、技術顧問の先生からの深いテーマを与えられ、
ものすごく考えさせられました。

「海外で日本語を教えるということは?」 とか
→いろいろありますが、まぁ国内で教えるのとは全く違うということが言えます。

「なぜ学習者は日本語を学ぶのだろう?」 とか


これらは日本語教師の永遠のテーマでしょうね。


とある教室にて

色んな目的があっていいと思います。
教室で学習者が楽しく学べればいいと思います。

それを提供するのが私たちの仕事です。

途上国では日本語を学んでもそのほとんどが仕事に直結しているわけではありません。

とくに私が行くトンガなんて。。。
じゃぁなんで学んでいるのでしょうか?

みなさん、ご自由に考えてみてください!


金曜日から20年度4次隊の日本語教師の研修が始まりました!

動き出したなーって感じです。

毎日報告をしたいところですが。
意外に忙しい!
私は分野別に分かれた勉強会では中等教育(中学・高校生が対象)
のグループにいます。
ここはあんまりビシバシっ!って感じでないのですが、
なかなか忙しいです。

なので後日また改めて更新したいと思いますー。




12月の第1日曜日。 何の日だかご存じですか?
日本語を勉強している外国人にとっては大事な試験日なのです。

そう。 日本語能力試験 の日。

日本語能力試験とは1-4級まであって、
日本語を勉強している外国人が日本語力を図るための試験です。
1級の新聞記事程度のハイレベルから
4級の入門レベル(基礎的な文法・ゆっくりな会話程度)までと差はとても大きい。
なので様々な人が受けるのです。

以前から私は高校留学の団体にお世話になっていて(というかお世話をしている?)
今年もまた、彼らを会場までナビゲートしに行ったのです。

この団体では半年と1年の期間、日本の高校へ通う留学生が20名ほどいます。
全国の高校へホームステイをしながら通っている留学生を
約半年ぶりに東京へ集め、オリエンテーションを兼ねて試験に挑みます。

この試験、彼ら留学生には将来がかかっている訳でも
これを落としたからといってペナルティーがある訳でもありません。
ただ、日本滞在の目標の一つとして、客観的な達成度を図るものとして
受けさせています。
(つまり、これがないと彼らは勉強しないのですよ。。。
 日本はうるさい両親から離れ、甘やかしてくれる周囲があって、
彼らにとってはとても居心地のいい ぬる~い時間が過ごせる絶好の機会となってしまうのです)

かと言ってこのテストを受ける大半の外国人は
進学や仕事の将来がかかったとても重要な試験なのです。

たとえば日本の大学に正式に入学するためには1級を取っていないといけません。
(彼ら高校生には雲の上のレベル…彼らは3級か4級です。。。)

9月。彼らは日本にやってきました。
一応、本国で日本語の勉強をしてきていますが、それは散々たるもの。
きっと学校でもホームステイ先でも色々とご迷惑をかけっぱなしではなかったかと心の痛い今日この頃ですが、
半年経って、彼らの語学力はメキメキと上達していました。
特に 話す・聞く ことにおいてはとてもすばらしい上達ぶりでした。
(この辺は褒めてあげられますね)

が。精神的にはお子ちゃま外国人、そのもの。
魚の煮つけには一切、手を付けない、
朝食にはオレンジジュースがないとダメ、
コンビニに行かせればいつまでたっても帰ってこない、
未だに英語を使おうとする、集合時間に平気で遅れてくる…。 
もう言い始めてはキリがない。。。

しまいには試験当日、私が持ち物の確認を全体に何度もし、
最終確認として電車に乗っている間に再度個人的に確認していたら、
2名が「えんぴつ・消しゴム」を持ってきていない。

君らは今から一体何しに行くねん?

私が確認しなかったら、周りの友達が筆記用具を貸してくれなかったら
どうするつもりだったのだろーか?

私にはさっぱり 理解できん。 あんぽんたんっ!

そんな彼らだから当然時計なんて持ってきてないしね。
(そこまでは面倒見られません。 私はおかーさんじゃぁないので彼らがどうなろうが心配ではないのでー)

ったく。何なんだか。 

彼らに言えること。
それは 『必死さ』がないこと。

日本語を話さないと生きていけない状況に陥れば誰だって必死に授業を聞き、
ひとつでも言葉を覚えようとするはず。ーーーというよりよく耳にする言葉は自然と覚えるはず。
外国で試験を受けるのであれば色々なことが気になるはず。
(準備とか、時間とか、会場とか)
日本食が口に合わなくてもとりあえず まずは がんばるはず。
友達をより多く作るために 色々なことに参加するはず。

んー。 ない。 ないね。
 筆記用具を持って来なかったあの2人には。 ないね。

もちろんそんな子ばっかりではないですよ!

・街中の表記で あ! って思って 漢字の読み方を聞いてくる子
・部活を毎日やってて試合が近いと 筋肉痛を訴える子
・文法の確認や漢字の確認を友達同士でし合う子
・魚は本国では食べられなかったけど
 日本では食べられると言ってきれいに骨を避けて食べる子
・ホストファミリーにどんな東京土産を買ったらいいか聞いてくる子

日本の生活にトライすべく一生懸命な子もいるのです。
もちろん、同化しろとはいいません。 
自分の出来る範囲内で努力をするべきなのです。

だって日本で魚が食べられないなんて、
外国へ行って肉が食べられないのと同じくらい大変だと思うんですよ。
食べられないからと言って 毎回拒否していたら
その食文化を否定していることと同じではないでしょうか。

郷に入っては郷に従え とはよく言ったものですね。
その通りだ! と本当に思います。

一生懸命さは、その努力は相手に伝わるのですよ。



試験を受ける時に何を持って行きますか~?

小学生じゃぁないんだから。(保護者への連絡帳が必要なのか?!)
自分の頭で考えて欲しいものです。
あまりにも呆れてしまってビックリしてしまった試験直前の出来事でした。


Maiko in Tonga

Author:Maiko in Tonga
南太平洋ポリネシアに位置する
トンガ王国へ協力隊の日本語教師として2009年3月から2011年3月の長期派遣、2011年9月から2011年12月の短期派遣されていました。

これからトンガに行かれる方、トンガに興味を持たれている方へ
少しは参考になるかと思い、記録を少しではありますが、残しました。

ご参考になれば幸いです。



presented by 地球の名言

* アヤロビクスで世界制覇!!
-21-4次隊JV エアロビクス隊員

* puakaのfakapikopiko日記
-21-4次隊JV 村落開発普及員(防災教育)隊員

* もうタロイモなんか食べたくない!!
-22-1次隊JV ババウ島・ババウ高校        日本語教師隊員

* TONGAroll
-22-1時隊JV エウア島・エウア高校 日本語教師隊員

*しいたけズ!
-23-2次隊JV PC隊員

*トンガのひよっこ獣医日記
-23-2次隊JV 獣医隊員

*taroimoko日記
-23-2次隊JV そろばん隊員

*liosiのvesitapolo日記
-23-2次隊JV ババウ島 野菜隊員

* Les voyages forment ka jeunesse
-セネガル・看護師隊員のブログ

* ゆっすぅの煌く日々
-セネガル・村落開発隊員のブログ

* BENIN DE SKI
-ベナン・プログラムオフィサー のブログ

* し~け~
-ニジェール・感染症対策隊員のブログ

* ジャマイカ情報局(仮)
-ジャマイカ・木工隊員のブログ

* Hola,Ecuador! ~テニス隊員アジャミの日記~
-エクアドル・テニス隊員のブログ

* No Egypt, NoLife!
-エクアドル・ソーシャルワーカー隊員のブログ

* ☆秘露備忘録☆
-彩の国出身、ペルー・村落開発普及員のブログ

* ドミニカ共和国日記
-ドミニカ共和国・観光隊員ミキティーのブログ

* CLARAのドミニカンブログ
-ドミニカ共和国・観光隊員CLARAのブログ

* HANANのボヤッキー
-ドミニカ国・PC隊員のブログ

* before down
-トンガ・日本語教師隊員のブログ

*~トンガからのメッセージ~
-トンガ・養護教育(音楽療法)の活動機関のブログ

*'Ofa lahi atu eeeeeeee
-トンガ・養護教育(音楽療法)隊員の現在のブログ

* いいねトンガ気象局
-同期SVの方のブログ

* Ha'apai日記(ちゅんが)
-21-1次隊 ハアパイ島の船舶機器隊員

* ~BGMを聴きながら~
-21-2次隊JV バイオラ病院看護師隊員

* 山ネコの日記
-21-2次隊JV そろばん隊員

* 毎日malimali!@トンガ
-21-2次隊JV ババウ島の歯科衛生士隊員

* Just Go For It! ☆JOCV☆
-元キルギス・青少年隊員/私の親友のブログ

* Shukran
-我が家(日本)で飼ってるサルーキー犬のブログ

トンガのニュースが読めます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。