トンガにトンダ

青年海外協力隊・日本語教師で トンガに派遣されていました。     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私のいとこが日本に行ってるのよ~」と言ってくるトンガ人は結構多い。

この いとこ がちょっと曲者で、
日本で言うハトコやマタイトコもトンガではファミリーとして いとこ(カズン)と言う。
2ndや3rdカズンと言うが、お葬式や結婚式などはもちろん参加。
ここまで入れるともぅ私には何が何だかわからないくらいな大家族になる。

だから、まぁ1人のトンガ人が日本にいたとしたら、10人以上は
「うちの親戚は~」と始まってもおかしくなくって、したがって

日本には結構トンガ人がいるのね、と感じてしまう。

でも親戚が日本にいることを誇りに思ってくれてるコトは日本人としてうれしい限りですよね。


で、Matangi Tonga というオンラインのトンガニュースを見ていたら


28日に行われた日本選手権でトンガ人が所属のトップチーム 三洋電機 が優勝!! と載っていた。

日本での活躍がトンガでニュースになるのはすごいですね!
トンガ人のラグビー人気、そして期待が垣間見えます!

だって、昨年行われた なんとかカップ(←なんでしたっけ…)は
日本では地上波での生中継はナシだったらしいですが、トンガは外国から放映権を買ってまで
NZ VS AUSSY の試合を生中継っ!!ですからね~


今、このチームでは2名のトンガ人選手が活躍しているらしい。

トンガ人選手2名!
マタンギ トンガより


ラグビー選手として日本へ行くトンガ人は結構いて、高校や大学からスカウトされて行く子もいる。
写真右のコリニアシ選手も 高校→大学→社会人 と彩の国で育った選手(だそう)
あ、三洋は群馬です。

でも故障したら即帰国となる厳しい世界でもある。

イカツイゎ~と一見思うトンガ人でも日本でプレイしてました、と流暢な日本語で話しかけてくれると
なんだかかわいかったりする。
(彩の国育ちのトンガ人ラガーマンは結構いるので、地元話で盛り上がります!)

ちなみに、写真のトンガ人選手2名は
「HSBCアジア五カ国対抗2010」に向けての日本代表にも選ばれているそうです。

ーーー以下、マタンギトンガより抜粋ーーー
The Japanese rugby union is putting together its national team for 2010 Pacific Cup, and five Tongan players have been selected into a squad which the Japanese national team will be selected from. They are Koliniasi Holani, Talikavili Vatuvei, Toetu'u Taiufa, Mefi Paea and Pie'I Mafile'o.

まぁ、5人のトンガ人が選ばれてますよーと書いてあります。



ラグビーの話題でだいぶきてしまいましたが、
元ラガーマン(日本でプレイ)のトンガ人がこの度、プロレスデビューをするそうです!

↑ちょっと正式なHPを見つけられなかったのでお許しを。
ちょちょっと検索してみてください。



さて、そんなこんなで意外にも多くのトンガ人が日本に住んでいて
外務省のHPを見ると、2008年度時点で100名以上の人が住んでいるらしいです!

結構多いですよねぇ~

今後のワールドカップも日本での開催が決まってますからね、
トンガ人の日本での活躍、今後も大注目です!!









スポンサーサイト
ちょっと海外旅行~ へ行ってきます!

並みに 2年外国で暮らすんだ、という実感のないまま日本を出発した
あの1年前。2009年。

いつの間にか、1年が経ってしまいました!!


22日、私たちの1年先輩の19-4次隊、4名が帰国しました。

誰が帰ったでしょぅーか。
このバラバラ具合は気にせずにここは一つ。おねがいしますデス。はい。


彼らには公私ともにとってもお世話になったので
もうすでにトンガにいない、ということが信じられないくらいです。
頼れる先輩がいなくなるって困りますねぇ…
これから頼られる立場になるってことですかねぇ…(それもなぁ~・・・。です)


普通にまだ19-4メンバーの携帯電話に連絡をしてしまいそうです。


でもその翌日、私たちの1年後の21-4次隊のお出迎えに行きました!

お出迎え~
日本語SVの方が生徒さんと一緒にお習字してくれました~!

フレッシュなボランティア、お肌が真っ白で日本人です!
お化粧、ちゃんとしてます。日本人です!

トンガで健康的なお肌色になるのも時間の問題でしょうが!

時間が過ぎるのはなんて早いのでしょう。
あっという間にボランティア達が入れ換わっていきますねぇ



さて
この1年、早かった? 遅かった? と聞かれたら…。

同期の皆さん、どーですか?


私は「早かった!」と答えると思います。


マイナス・プラスで言ったらプラスのポジティブな思い出の方が私にとっては大きかったように思います。

多くのボランティアに出会って
よき生徒を持って
トンガ人とも程よく付き合って

やっぱり色んな人に支えられて1年過ごしてきたなぁと思います。

もちろん、これはトンガ国内だけからじゃなくて、
日本の家族・友達・これを読んでくれてる人達、そして世界中で活動している同期達。

みなさん、Maikoはトンガで
(活動が充実しているかは別として)結構リラックスして生活しています。


トンガなどの大洋州は本当に幸せがあふれている地域だと思います。
お金はないけどみんな工夫して、助け合って楽しく生活しています。

そんなトンガでの生活の残り1年。
やっとこさ自分の周囲が見えてきて、全体把握ができるようになり、
自分がどう動けばいいのか、今何をするべきなのか、分かるようになってきました。

あ、トンガンタイムにかなり慣れて、力の入れどころ・抜きどころもバッチリですっ☆!

でも。自分なりの活動とは何なのか。
私は何のために、誰のために、何をしにここトンガに来たのか、

時々振り返りながら活動していきたいと思います。

ちょっと前に
こんな 家の住人という記事を書きました。

その数日後、家の外のセキュリティーライトをONにしようとふと見上げたら・・・


あれ。2匹が重なってる?!
若干リアルな感じだったりする

んな訳ないよな。

ちっこいモコがウヨウヨいるんだから、それだけ産まれてるってことだから、
そりゃーねー 



ちなみに、私はこの記事のカテゴリーをどこにするか悩んだ。

トンガで楽しむ …? 違うな。
トンガで困る  …? も違うな。
トンガで不思議 …? まぁ若干不思議でもあるが…。

悩んだ末、
トンガで思う に入れてみた。

や、特に大したことを思った訳じゃないんだけど、しいてゆーなら、

あ~モコなりに忙しい時は逃げないんだな~ と思った。


全くもって大した悩みでなくて。 お気楽な私。
かと言って、暇だからモコ観察してる訳ではなくてヨ


あー。余談ですが、”悩み”つながりで一つ。

最近湿気がすごいトンガ。
ありとあらゆるものがカビルンルンに侵されていきます。。。

誰か助けてー。 「どんどん○虫」withカビも抑えるよ、
だけではどーも強敵には負ける。そしてやつらは油断するとあっという間に陣地を増やす。。。

お肌にはいい感じでも洋服にはNGなんだな、この湿気の時期って
ね?暇でないでしょ?(これ、結構深刻なんですから。)
サイクロンがまた近付いてきました。

今度はTomasさんです。

前回のReneさんは風台風で、雨はさほど凄くはありませんでした。
(トンガでは下水道設備がないので、道路を見れば一目了然です!)

で、今回のトーマスさんは雨台風だそうですが、トンガよりもフィジー寄りで(むしろフィジー上陸っぽい)
トンガは暴風域に入る、という感じだと思います。

最も接近する時刻は明日(水曜日)の夕方。
現在火曜日の夜ですが、風が強くなってきました。
雨は時々ドバーっと、トタンの屋根に穴があくんじゃないかとビビッちゃうほどの雨が降りますが、降らない時はまったくもって降っていません。

今はサイクロンシーズンなのですが、隙間だらけのトンガの家に住んでいると
サイクロン一つでもだいぶドキドキしてしまいます。


ところで。 タイトルのもう一つ。 ミツバチ
我が家のお隣さんちの敷地内にある空き家に以前から(私が来る前から)ミツバチたちが住んでいます。
小さな巣なら殺虫剤でもまけば一発なんでしょうけど、
そんなの意味をなさないほどの大群! たぶん我が家側の壁一面に巣を作ってると思われます。。。

一応、彼らは私に危害を与えない(ということにして)共存する方向で来たのです。

そしてつい先日、トンガの調整員さんと
「ミツバチって新しい女王が生まれるとグループが分かれるんだよねぇ」
「あ~なんか聞いたことありますねぇ~」

な~んて会話をしてた矢先に!
先日の日曜日。暑いので窓を開けてのんびりしていたら。

ブーン という音に気付いて外を見たらっ!!!

庭じゅうミツバチだらけ・・・

蜂だらけの庭…すごい光景!

写真だと見えにくいですねぇ… (ちぇ~っ)
見た瞬間、かなりビックリしたんだけどなー。

これだとあんまり伝わりませんねぇ
お向かいのおうちの壁あたりのテンテンはみんな蜂です!

ものすごい音だし蜂だらけだし…


でもしばらくしたらだんだん1か所に集まってきて
こんな感じに。

女王蜂はどれだ??
※ごめんなさい。。。なぜかどーしてか縦になっちゃった。。。横で撮ったはずなのにっ なんで?

そして小一時間後にはこのグループがみ~んなまた一斉に
ブーンと羽音を響かせながら、どこか新天地へ向かわれました。


もし調整員さんとのあの偶然の話がなかったら、
ホントに度肝を抜かされていたトコロでしたよ。
「助けてくださいー!家の周りが蜂だらけです…!」と事務所に連絡していたかもしれません。。。

彼ら蜂たちがこのサイクロンを知ってか知らずか、
サイクロンとサイクロンの間に巣立っていったのにはやっぱり意味があるんでしょうかねぇ。

にしてもあの数の働き蜂を引き連れる女王蜂ってすごいな。
学校が始まって8週目の今日この頃。

やっと時間割が安定してきたと思ったら、
今度はトンガ内の高校が集まって行われるスポーツ大会(日本で言ったらインターハイみたいなもんですね。)
の練習のために45分や50分授業になってしまった…。

つまりは3時前に授業を終わらせて、スポーツ選手に選ばれてる子は各種目の練習、
そのほかは応援の練習になるわけです。

まーここはトンガなんで、仕方がない。。。

職員会議、開始数分前…
正面男性が校長先生です。
会議数分前なのに、先生1人と私だけでした…。


前置きはこの辺にしておいて。



ジツハ、今、放課後も授業をしています。
大体4時半、5時近くまで。 でもトンガの大抵のお店は4時半からボチボチ閉まり始めてしまいます。

なので買い物ができない。唯一の土曜日を貴重な買い物・洗濯日にしています。

で、この放課後クラス、正規のうちの学校の6年生(西洋風に言ったら12年生ですね)
なんですが、日本語をエクストラで取りたいとな。

6年生の選択科目は5つ。年間、5教科しか勉強しません。
でも6年生に上がった去年の生徒の内、2人が6教科目として日本語を取りたい、と言ってくれました。

ちなみに、こーゆー特別な事をする生徒はほとんどいなく、
副校長も彼ら2人が学年のトップ20に入っているからと許可してくれたのです。

ではいつするか。
生徒の空いている時間は昼休みか放課後だけですよね。
なので、基本を放課後として授業をすることにしました。
(このあくまでも”基本”という所がトンガでのポイント!です。)

忙しいけども、日本語を続けたい、と言ってくれた生徒達。とってもうれしいです。

前向きに勉強したい、と言ってくれる生徒のためならば、買い物ができないくらいなんてことはないですよ。


去年の彼らたち


それから問題はもう一人。
去年の6年生の生徒が進級試験に失敗してしまい、別の学校に転校したけど、
日本語を続けたい。その事を新しい学校の校長先生に言ったら、ちゃんと試験を受けるなら
トンガハイでそれだけ受けに来てもOKと言ったそうな。。。

この話はさっき、夕方本人から電話が来た。。。

彼女は6年生の試験にスムーズに合格すれば
教員養成学校へ行って、将来日本語の先生になりたい、と言っていた子。

ここでの1年日本語から離れてしまうのは本当にモッタイない!


できる限り、生徒のために力を尽くしたいと思うのが教員たるもの。(?デスヨね?)


うーん。彼女が放課後クラスに合流できるといいんだけどなぁ。。。

いつになったら私は落ち着くのでしょうか。
まだまだ先は長そうですねぇ…
サイクロンが過ぎ去った後のこの数週間。毎日毎日暑くてたまらないトンガです。
いるだけで汗が噴き出す毎日です…


ところで、なんで題名が「我が家の住人」か、っていーますと。

うちにはトンガ語で”モコ”というヤモリが住んでます。
ってか、このモコはそこらじゅうにいて、うちにもモー何匹住んでるか分からないくらい。。。

トンガ人がなぜかゴキブリよりも嫌いで、
見るとぎゃー!っと言って怖がります。私はゴキブリの方がよっぽどイヤ。
そりゃーポットの中とかからいきなり飛び出てきたらさすがの私もビックリ!しますが。

そのモコがですねー
なんてまぁ意外な行動を突然したのでUPしてみます。

うちにはソファーがあるのですが、時々トンガのマットを引いた床に
直接座って作業をすることがあります。

で、この日もしばらく作業をしていて、ふとソファーを見たら…

こんなとこで デスカ?!

なんと卵を産んどりました…!

結構普通にトカゲさんに近いモコなので、
人間に近付くことはあんまりなんですが、なぜか、ソファーの上で産んでました。。。

なんでだろ?

で、この卵、残念ながら紙の上に産んだので、
次の朝見たら、カッピカピに乾いちゃってました。 残念!

しかもこの紙、JICA事務所から来たとある情報の紙でして、ちょっと微妙な所だったね、
とモコちゃんがここで卵を産んでるときに私はすでに思ってましたよ。 ジツハね。
 

モコちゃん、人間に危害を加えないし虫を食べてくれるし、
いー子なんですが、残念なことにウン○をしてくれます。

そのお掃除をするのはこっちなのですが、しょうがないけど一緒に同居です。

最近の日本の家はすごいな~とトンガの家に住むと思います。
みんな出入り自由です。
一番大きいサイズはネズミですが、彼ら以下、昆虫類はみんな自由気ままに私と同居です。

いーのか、悪いのか。。。


Maiko in Tonga

Author:Maiko in Tonga
南太平洋ポリネシアに位置する
トンガ王国へ協力隊の日本語教師として2009年3月から2011年3月の長期派遣、2011年9月から2011年12月の短期派遣されていました。

これからトンガに行かれる方、トンガに興味を持たれている方へ
少しは参考になるかと思い、記録を少しではありますが、残しました。

ご参考になれば幸いです。



presented by 地球の名言

* アヤロビクスで世界制覇!!
-21-4次隊JV エアロビクス隊員

* puakaのfakapikopiko日記
-21-4次隊JV 村落開発普及員(防災教育)隊員

* もうタロイモなんか食べたくない!!
-22-1次隊JV ババウ島・ババウ高校        日本語教師隊員

* TONGAroll
-22-1時隊JV エウア島・エウア高校 日本語教師隊員

*しいたけズ!
-23-2次隊JV PC隊員

*トンガのひよっこ獣医日記
-23-2次隊JV 獣医隊員

*taroimoko日記
-23-2次隊JV そろばん隊員

*liosiのvesitapolo日記
-23-2次隊JV ババウ島 野菜隊員

* Les voyages forment ka jeunesse
-セネガル・看護師隊員のブログ

* ゆっすぅの煌く日々
-セネガル・村落開発隊員のブログ

* BENIN DE SKI
-ベナン・プログラムオフィサー のブログ

* し~け~
-ニジェール・感染症対策隊員のブログ

* ジャマイカ情報局(仮)
-ジャマイカ・木工隊員のブログ

* Hola,Ecuador! ~テニス隊員アジャミの日記~
-エクアドル・テニス隊員のブログ

* No Egypt, NoLife!
-エクアドル・ソーシャルワーカー隊員のブログ

* ☆秘露備忘録☆
-彩の国出身、ペルー・村落開発普及員のブログ

* ドミニカ共和国日記
-ドミニカ共和国・観光隊員ミキティーのブログ

* CLARAのドミニカンブログ
-ドミニカ共和国・観光隊員CLARAのブログ

* HANANのボヤッキー
-ドミニカ国・PC隊員のブログ

* before down
-トンガ・日本語教師隊員のブログ

*~トンガからのメッセージ~
-トンガ・養護教育(音楽療法)の活動機関のブログ

*'Ofa lahi atu eeeeeeee
-トンガ・養護教育(音楽療法)隊員の現在のブログ

* いいねトンガ気象局
-同期SVの方のブログ

* Ha'apai日記(ちゅんが)
-21-1次隊 ハアパイ島の船舶機器隊員

* ~BGMを聴きながら~
-21-2次隊JV バイオラ病院看護師隊員

* 山ネコの日記
-21-2次隊JV そろばん隊員

* 毎日malimali!@トンガ
-21-2次隊JV ババウ島の歯科衛生士隊員

* Just Go For It! ☆JOCV☆
-元キルギス・青少年隊員/私の親友のブログ

* Shukran
-我が家(日本)で飼ってるサルーキー犬のブログ

トンガのニュースが読めます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。